Car Cohting

プロ施工コーティングは一般的に“ポリマー系”と“ガラス系”に分類されます。ポリマー系コーティングはロウ成分が主成分で基本的に反応性ではないため、ガラス系コーティングに比べツヤ・光沢性能や持続性能が劣ります。一方、ガラス系コーティングは反応硬化型の硬い被膜を形成するため、ポリマー系コーティングに比べ被膜硬度や耐久性が高くなります。
ガラス系コーティングが形成するコーティング被膜は、ガラスと類似した分子構造となり、親水状態になることが一般的です。
昨今の技術により、このガラス系コーティングの分子構造内に撥水基の化合物を組み込むことに成功、ガラス系コーティング特有の高い防汚性能を保持しながら、撥水性、耐候性、耐熱性、耐薬品性、光沢・ツヤ効果を実現しました。
IMG_6901.HEIC
IMG_1654.JPG
IMG_7271 2.jpg
IMG_0003.JPG
google-calendar.png
card